【住宅内の空気を浄化する】最近人気の炭の家の魅力を紹介

炭にはすごい効果があり

模型

炭をマイホームに使う

最近の世界的な気候変動は日本にも影響を及ぼしており、全国的に気候が熱帯化してきております。特に一番暑い夏場に湿気が増加し、非常に蒸し暑く不快指数が高いです。このような環境下だからこそ住みやすいマイホームを持つことは、日々の暮らしをしていく上で重要なものとなってきます。最近の住宅事情は、年間を通して住みやすい環境を作る事が出来る炭の家に注目が集まっており、導入する業者や施工主が増加傾向です。炭の家とは、マイホームの床下や2階の床部分に炭を敷き詰めて建築する家のことで、この炭が持つ様々な効果により心地よく住める家を建てることが出来ます。具体的に炭の家で使う炭が持つ力として、調湿効果や脱臭効果、遠赤外線効果などが挙げられます。調湿効果は梅雨時期や夏場などの湿度が高いときに、一定の湿度を炭が吸収する事で室内の湿度を下げ、防カビ効果や不快指数を下げることが可能です。また、長年住み続けていれば、家の中には生活臭が発生して染み付いてしまうものですが、炭の家であればそのような生活臭も抑える事が出来ます。冬場には炭が持つ遠赤外線効果によって、人の体の芯まで暖めてくれる保温効果が期待できるなど、人が暮らしやすい環境を炭が作ってくれます。炭の表面には無数の小さな孔が開いているので重量はそれほど重くならず、2階の床と1階の天井との間に敷き詰める事も可能です。このため家屋全体に炭の力を行き渡らせる事が出来ます。